練習をされてみるといいかもしれません

早口の方の場合、電話で話していると「え?!」とか「さっきのところ、もう一度お願いできませんでしょうか」などと聞き返されることが多いのではないでしょうか。 よく、芸能人の方の中でも、早口な方がいるのものですが、それでも聞き取れたり、意味がわかったりするのは、大勢の人の前で話すコツが身についていたり、語尾がはっきりとしていたりされています。また、区切るところが実に的を得ていて、早口であるにもかかわらず、意味がよくわかったりします。 しかし、いくら何でもビジネスシーンでは、バラエティ番組ではないのですから、話し方というのは考慮したほうがいいですね。たとえば、ニュースのアナウンサーの方のお話のされ方のほうが、やはりよく理解できます。 どうせ真似をするなら、ニュース番組のアナウンサーの方のものの言い方を勉強してみるといいかもしれません。勉強といっても、まねをしてみるだけでも、十分な勉強です。 後について一緒にニュースを読んでいる気持ちでまねしてみると、どれくらいテンポで話しているのか、が、よくわかります。すると、普段の自分の話し方のスピードとの違いも、実感できますね。 また、話すスピードが速い方というのは、言葉の音ひとつひとつをきちんと発音できていないということもあります。きちんと発音していくためには、アナウンサーがよく特訓しているような、発音しづらい音や言い回しの練習をされてみるといいかもしれませんね。

メニュー